No Limit~地面にヘディング~

ユンホ(東方神起)ドラマ初主演作!青春ラブコメディ!

番組概要

日本でも絶大な人気を誇るK-POP界のスーパーグループ『東方神起』のリーダーであり、今年4月に除隊をし再始動したユンホ(東方神起)の、俳優初主演作!無名のサッカー選手が愛のパワーで代表になるサクセスストーリーを、ユンホが熱く、ロマンチックに演じる!


 幼いころから死ぬ気でサッカーボールを蹴り続け、無名の実業団のサッカー選手になったチャ・ボングン(ユンホ)。卓越したポジショニングとキック力で可能性を秘めた逸材だが、熱くなり過ぎて、いつも問題を起こしてしまう。おまけに所属チームが解散し、絶体絶命の危機に! そんな時、代理人のヘビン(Ara)が訪ねて来る。ヘビンに恋する天才弁護士スンウ(イ・サンユン)も加わり、ヘビンを巡り、ボングンとスンウの悪縁はより一層深くなっていく。 


登場人物・キャスト

●チャ・ボングン役 ユンホ(東方神起)

●カン・ヘビン役 Ara

●オ・ヨニ役 イ・ユンジ


●チャン・スンウ役 イ・サンユン


各話あらすじ

第1話

チャ・ボングンは、実業チームでプレーするサッカー選手。しかし突然チーム解体となり、選手の道を諦める。そんなボングンの才能を見抜いたカン・ヘビンは、ボングンのエージェントになろうとするが、事務所を解雇されてしまう。さらに、帰りに車が故障し、そこに通りかかったボングンに助けてもらうのだが…。


第2話

ボングンはサッカー選手を引退しバイトを始めるが、そこでチャン・スンウと再会し、スンウを殴り警察に捕まる。その際ひき逃げの前科があることをヘビンに知られてしまう。ボングンは保険会社に入社しようとするが、押さえていたサッカーへの情熱を我慢できず保険会社の面接をけり、FCソウルの入団テストに向かう。


第3話

ボングンは、FCソウルの入団テストに合格する。入団の喜びもつかの間、ボングンは高校のころのライバルのイ・ドンホのおまけで入団できたと知り、ショックを受ける。一方、ヘビンはFCソウルの監督に、ボングンに試合に出るチャンスをもらえるようお願いするが、酔いつぶれてしまう。


第4話

ボングンの実力を確かめてみたいFCソウルの監督イ・チュンヨルは、ボングンを控え選手にし試合へ向かう。FCソウルのエースでもあるイ・ドンホが試合中、ケガを負い、ボングンにチャンスが訪れる。しかし、ボングンが入れたゴールはオフサイド判定をされる。


第5話

ボングンはヘビンを助ける途中、川に落ちてしまい病院へ運ばれる。奇跡的に助かったボングンだが、幸い外傷はないものの意識が戻らない。一方、デビュー戦で退場はしたがボングンの才能に目をつけた監督は、ボングンに一目置くことになる。チャンスを得たボングンは、意識を取り戻すのだが、記憶喪失になってしまう。


第6話

少しずつ記憶を取り戻そうとしているボングンだが、同じ病院の患者の自称バットマンが精神専門医療センターに運ばれるのを見て、さらわれてると勘違いし、バットマンについて行き監禁されてしまう。自分は記憶喪失なだけで精神に異常はないと訴えるのだが、センターの者たちは誰1人信じようとせず…。


第7話

記憶が戻ったボングンは、何度も病院からの脱出を試みるのだが、ことごとく失敗してしまう。そんな時、別の病院へ移送されそうになったボングンは、エジャと病院を脱出する。結局脱出に失敗し部屋に監禁されたボングンは、怒りにまかせて壁を蹴るのだが、そのとき病院が崩れ落ちる事故が発生してしまう。


第8話

ボングンは事故を境に、どんな結果が待ち受けていてもサッカーですべてを尽くそうと覚悟を決め、ヘビンとの二人三脚を続けることにする。チームに復帰したボングンは、無断でチームを離脱したため、戒めとして訓練や試合から外されてしまうのだが、1人で黙々と自主トレーニングを続ける。


第9話

ヘビンは、ボングンを励ますために、栄養剤などを持って夜中にボングンに会いに行く。一方、日ごろからボングンを目の敵にしているギョンレの嫌がらせに、ボングンはキレることなく冷静に、自分は恥じることはしてない、嫌がらせはやめてサッカーで正々堂々と勝負しろと言う。そしてユース代表との練習試合の日を迎える。


第10話

ユース代表との練習試合でボングンは、ゴールを決めヘビンや監督の期待にこたえる。ビョルの誕生日プレゼントに、パソコンを贈ろうとするボングン。ビョルの誕生日パーティーの時、サンマンからヘビンも誕生日だと聞いたボングンは、ヘビンのところへ駆けつけようとする。ヨニはそんなボングンを引き止めるのだが…。


第11話

ボングンは1軍に選ばれ、髪を短く切り新たな覚悟を見せる。イ監督は知名度ではなく、努力する選手順にスタメンを選ぶと発表する。ボングンたちに認知症だと思われていたエジャは、ボングンを連れてデパートに行きスーツや靴を贈る。そしてボングンたちは、エジャが認知症ではなかったことを知る。


第12話

ボングンは、大事な試合で同点ゴールと逆転ゴールを決めるのだが、2本目のゴールでドンホはひざを負傷してしまう。ドンホは、ヒザの負傷により、医師から選手生命の終わりを告げられる。ボングンはドンホのヒザの負傷に責任を感じ、ボングンは移籍の誘いを断る。


第13話

プレーオフまで残り3試合。瀬戸際に立たされているボングンのチームだが、イ監督はプレーオフに進出できないと監督を辞任するとまで宣言する。いつもよりも選手同士の団結が必要だが、ボングンは断ったスカウトの契約書類を、同僚のビョンギたちに見られてしまう。


第14話

ヘビンはボングンにサッカーを続けさせるために、FCソウルのオーナーでもある父親に頭を下げに行くのだが、条件としてエージェント業を辞めることを要求される。記者会見を終えたボングンの前に現れたスンウは、ヘビンがボングンのためにエージェントを辞めたこと、FCソウルのオーナーの娘であることを話す。


第15話

ボングンはヘビンだけが分かるように、ヘビンへゴールセレモニーを送り、マクシムが逆転ゴールを決める。試合に勝った喜びに浸るボングンとヘビンに、ビョルが入院したという知らせがいき、ボングンはビョルのために一生懸命にサッカーをするから、ヘビンにエージェントを辞めないでくれと頼む。


第16話

ヘビンは、ボングンに7年前のひき逃げ事件の真相を聞くが、ボングンは自分は犯人ではないと言い残し去ろうとする。その時ヘビンはボングンに後ろから抱きついてしまう。チームの訓練に顔を出したドンホは、自分がいなくてもチームが成り立つ光景に、喜びと寂しさを感じ…。


放送情報

【K WORLDチャンネル】

8月14日(月)放送開始!

毎週(月~木)

(月・火)ごぜん9時20分、(木・金)ごぜん8時50分より無料放送

※編成上、放送時間は変更となる場合がございます。ご了承のうえ、視聴と予約の際にはご注意下さい


第1話の通知を受け取る

番組詳細はこちらへ

※各話放送終了後、1週間限定でAbemaビデオで無料公開!!リアルタイムで放送が見れない人や何度も見直したい人は、事前にAbemaTVの番組詳細などから「マイビデオ」追加がおススメ!

(C) MBC&iMBC All right reserved.